スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シトロエン


2014年3月吉日

 Xmを降りる少し前から、次の車どうしようかと色々考えることがあって、
MA_S087_F001_M001_1_L.jpg
マツダ CX5
 やっぱりディーゼル、しかも安心の国産!

20110223192350.jpg
プジョー 1007
 値段がかなりお求めやすくなり1.6Lでも40-50万で!
 両開きスライドドア、、、やっぱり、なにかしらややこしいオモチャが欲しいらしい。

その他、ここ最近お借りしていたんですが、

こんな車たちも
仕事に回るには、うってつけ。
10101057_200608.jpg
トヨタ プレミオ
がっしりボディに高速も結構安心。一昔前のドイツ車ってこんなかんじ? しかし、意地でもドイツ車なんか絶対買わない天邪鬼な人間です。今時の某独逸車の乗り心地にはもううんざり

10151042_200812.jpg
日産 ノート
ルノーと提携しているせいか?柔らかい中にもしっかり安定した乗り心地。

どのメーカーも確実に進歩してきてるんだなぁ、、、

でも、どれも乗ってるともう早く降りたいなとアクセルはついつい踏み込みがちに、、、

やはり

Xmを忘れられませ~ん

 ガンディーニの芸術的デザインはいやが上にも所有する者の心を高ぶらせ、走り出せばそこは天を滑空するような浮遊感にあふれる非日常

 外車の経験が無く、後期型Xmなら国産車並に使えますかね?とあるサイトでバカな質問をして笑われながら、飛び込んだハイドロの世界でしたが、取り回しの良いサイズで、毎日のちょい乗りから遠乗りまで、ハードな仕事にも当たり前に使えました。

 20万kmを走破し終えて、敢えて断言します。道具として、私には国産車以上に遙かに優秀でした。

 高速でも下道でも、満員・荷物満載でもハイドロにより車高・姿勢は常に最適に保たれ、ビクともしない走安性、変わらぬ雲の上の乗り心地、ゆっくり走ってもストレスにならないので安全運転にもつながりましたね。

 乗り心地がよくてもバネのようにブワンブワン、、、ではいやでも地べたを走ってる事を思い知らされ眠くなるだけの退屈さだけど、そこはハイドロ、ふわっと気流の波を乗り越えていくかのような空を飛んでるが如き浮遊感となると、これは眠くなってる場合ではないとドパミンは溢れ、えもいわれぬハイドロ-ハイに恍惚となってドライバーはもう降りたくない、、、、24バルブ6気筒エンジンのシルキーなどこまでも伸びるパワーがマニュアルミッションでがっちりタイヤに伝わって翼を得たかのように舞い上がって行く、、その様はもうなんか、、、右足とクルマが一体となって周りの世界を支配してどこまでも飛んでいける、、、とうとう最後まで最大パワーを試す機会がないまま終わったのが心残りです。

 この10年の間、仕事にも走り回りましたが、夜中の緊急呼び出しを受けて急行するときも体に優しく、うまくいかなくて心が折れそうなときも、帰る車内で癒されながらいつのまにか人生捨てたもんじゃないさと思い直す日々でした。

 そして、五感を癒す優しいだけのクルマではなく、いざというときにはがらりと豹変! あちこちに張り巡らされたハイドラクティブセンサーが瞬時に察知してガチガチに足回りを固めるその変化には感動しますよ!

 例えば、ブラインドコーナーの先に大きなうねりや障害物を発見してハッとした瞬間、Xmは”グンッ”とはいつくばるように姿勢を屈めます。もう何があっても路面を離すまいとするかのように。危険回避のあらゆる急動作にびくともしません

 色んな状況下でのドライバーの負担を和らげようとする設計なんです。退屈させて眠くなることがないように、また厳しいワインディング・超高速運転では緊張感を和らげ、どこまでもどこまでも、、、「空間を時間によって征服する」20世紀最高の車。
SDIM0443.jpg


 ハイドロの部分だけでもトヨタに作ってもらったら良かったのにね、、、、スタンダードになってたかも!
 
 さて、長々と皆様には今更という余計な話になってしまいましたが、

新しいクルマです。
SDIM352.jpg


 前回オートマXmダウンの時同様あわててルパルナス渋谷さんにコール、ちょうど在庫に残っていたシトロエンC4グランドピカソ eーHdiに決定し、速攻納車して頂きました。関西支部の奥井様、ありがとうございました。

Xmとは似てもにつかないクルマですが、これからは更に沢山の人と荷物をのせて走っていこうと思います。
 同じシトロエン、きっとXmでは見えなかったまた別な世界をたのしませてくれることでしょう。同時にもうはらはらドキドキが当分無いことを願うばかりですが、こればかりはね、、、、乗ってみないと分かりません。

 それでは皆さん、最高の車、Xmを最後まで存分にお楽しみください。皆様のXmライフに幸多いことを願って筆を置きます。
 

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

次の車が見つかって良かったですね。
それも、ピカソ とか。

3台目もシトロエン!!

人は それを ”シトロ病”と呼ぶみたいです。

小生も、GSで罹患して以来、重篤な”シトロ病”と認識しています。

ピカソとの、日日をこのサイトで続けていただけることを、願います。

Re: No title

いや~
確かにハイドロ病は根治困難、抗ニコチン薬;チャンピックスみたいな薬が欲しいものです。

といいながら、引退して気ままな生活が遅れるようになればまた戻ってたりして、、、ジャベルCXとかよさそう、あるいは新世代ハイドロが登場してたりして、、、夢のあるメーカーですよね。

ピカソは多分何もネタが無さそうなので、更新続けるのは困難かと。でも、そこはシトロエン、皆様の期待?を裏切らないクルマならまた始めさせてもらうかもしれません。EGSとかフィルターとかターボ周りとか、色々問題は何れでてくるかも。説明書の分厚さには参りました。

No title

久々に訪ねさせていただいたらXmを降りられたとのことびっくりしました。XMと徹底的に付き合われた日常のブログ楽しく拝見させて頂きました。私のC6は、XMに比べ新しいものの台数が出ていないのと中国資本の入ったPSAの対応と不安だらけです。今度は、C4ピカソのHDIとのことHDIは、共通ですね!軽油のクオリティー、インジェクター、EGRバルブ等課題もあるようです。また、突然東京でお会いしたりすることを期待しつつ本当にお疲れさまでした!

Re: No title

のびさま、今晩は。
 最後の方は色々と手がかかりましたが、その乗り味と同じく、不思議と疲労感は感じず、長いあいだ楽しませてもらったし、何より仕事では毎日本当に活躍してくれたので、2代合わせて12年20万km、お世話になりました、て感じで。

 年には勝てず、Xmのなくなった今、なんともなかった東京が随分遠くに思えてしまします(泣)。全国ミーティングとかでまたお会いできるのを楽しみにしております。

 Hdi,それなりに問題はあるのでしょうけど、また潰れるまで付き合おうかと思ってます。
 

プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。