スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイドラ アクセルペダルセンサー

2013年10月 19万9700KM

半年前にハイドラランプのリセットをかけて以来、この最近1ヶ月の内に3度ほどエンジン始動時の自己チェックランプが点かなくなりました(つまりエラーが記録されている)。そのたびにリセットをかけましたが、3度とも1時的なアクセルペダル調整のエラーと出ておりました。そういえばと、思い返すと、信号待ち中に何度かカタン、といつものハイドラバルブ作動音が、アクセルも踏んでないのに勝手に鳴ってしばらくアクセルに反応しなくなり、当然前後ともサスペンションが固くなるという事がありました。繰り返し単独のエラーメッセージで、本物のようですので、見てみました。
R0018429.jpg

 アクセルペダルを根本に辿っていくとロッドの上に小さな検出用アームを引っかける形でオレンジ色のセンサーが見えました。シトロエンXmのサスペンションは一種のアクティブサスペンションになっていて、アクセルの急な加減速、急ハンドル、路面の大きなうねり、等々に反応して瞬時にソフトな設定からスポーツ車並のハードな設定に変わるようになってますが、アクセルペダルの急激な動き(ON/OFF双方ともに)をこのセンサーで監視しております。触ったところ、がたつく様子もなく、今回は触らずに周りの大量のゴミを取り除いてアームの軸のあたりとコードのソケットにCRCを吹きかけときました。

 同じエラーが再発するようなら、今度はあけられるものなら中を見てみたいと思います。

 ハイドラクティブサスペンションの特徴がよくわかります。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。