スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアコンdirection flap解決本当の原因?

2013年4月 19万4200km

しつこく続くエアコンねたです。
やっぱり翌日には動かなくなった吹き出し口切り替えフラップ。
結局、原因はサーボモーターの中のモーター本体でした---と思います。
今まで、取り外して通電テストしたらちゃんと動くというパターンが多かったのですが、ついにウンともスンとも言わなくなるという所を現行犯逮捕しました。

それで、以前に日本橋電気街で購入していたスパイラルギア付きのモーターに入れ替えて、車に装着したら、復活しました。
R0018091-1.jpg

取り外したBuhler製?のモーター。中にはダストが結構ありました。これが、中でショートを起こしてモーターが回らなくなるんだそうです。取り外してまた戻したらまた動くようになったというような不思議な現象は、このダストによる不安定な状態がもたらしていたのでしょうか。
R0018095-1.jpg
 direction flap用の配線の電圧を調べると、静止時の0.3mvのレベルに対して、、動作時はは1-6Vレベルの電圧が表示されます。

数十円のモーターですが、このままちゃんと働いてくれるのなら、サーボモーターの新品をシトロエンから取り寄せるよりずっと安価に済みそうです。100_4934.jpg

モーターを買ったお店です。
http://digit.kyohritsu.com/
130502-14210.jpg
日本橋メインストリートより少し谷町筋側に入ったところです。1年ぶり近くだったのか、場所がうろ覚えで少しまごつきましたが。
マブチ製です。
130502-141500.jpg
お店に入って1番左奥にあります。
次がいつになるのかわかりませんか、4個追加購入しておきました。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして

はじめまして。
都内で白24vに乗ってるものです。一昨日いきなり空調電源喪失。それはおそらくバッテリーの電圧不足とにらんで再充電して復旧したのですが、その日の夜に今度はいきなり生暖かい風が。なんだかなぁと、検索してこちらに辿りつきました。これはフラップコントロールユニットに違いないと、昨日秋葉原を歩いて交換モーター入手して、コントローラ外して確認したところ、なんと問題なく動作してました(・・;)。
なんだかなぁ、と取りあえずそのまま戻したら普通にエアコン動作。スタックしてただけなのか、エアコンユニット電源が落ちたときに、フラップポジションがわからなくなったか謎ですが、もう少し様子みてみます。
こちらをはじめとした、先人の方々のXmメンテ情報のおかげでいろいろ助かっています。今後とよろしくです!

Re: はじめまして

こんにちは

いきなり電源落ちたときは、エアコンパネルの液晶表示も消えてたんでしょうか? それなら、多分ブロワーファンのヒューズが溶解して断線しかけているんではないでしょうか?その場合は、前兆としてブロアファンがいきなり止まったり、ブワーと全力で再開したり落ち着きが無くなることがあるみたいです。論より証拠で、エンジンルームのエアクリーナーボックス前方にある小さなヒューズボックスの中の左上のヒューズが焦げてないかチェックしてみるといいかもしれません。参考写真が下記にあります。
http://www.club-xm.co.uk/forum/viewtopic.php?f=8&t=1962
(ID、PW設定すれば見られます)>

電源が復活した後の生ぬるい風、、、何でしょうね。最も多いのは、おっしゃるようにフラップモーターがXm・XANTIAでは有名みたいですが、フラップが固着というのもあるかもしれませんね。とりあえず外してみたコントロールユニットというのは、フラップを回すモーターユニットのことですか?これは外して何もせずに戻すとなぜか動き出すというのは、よくある現象みたいです。多分中のモーター自身が死にかけてるんでしょう。秋葉原のモーターというのはギア付きのマブチ製ですか?

 今日も暑かったですねぇ、、この異常気象ではエアコンなしではつらいものがありますよね。参考になればうれしいです。

エアコントラブル

お返事どうもです。

>いきなり電源落ちたときは、エアコンパネルの液晶表示も消えてたんでしょうか?

これはひと月ほど前に経験済でして、始動して5分ぐらいしてAUTOから手動で風量最大にしたらヒューズ飛びました。この時は全電源喪失でエアコンパネル全消灯だったのですぐわかったのですが、今回は温度表示と各ランプが数回点滅の後に、ファン類停止、AUTOランプのみが点灯しているという状態。ヒューズは問題なしで、一度エンジン停止して再起動したら復旧しました。

今回も始動後数分で、交差点で停止したとたんなので電圧不足とにらんでバッテリーチャージ。チャージャつないだらバッテリー電圧インジケータは要充電と正常の間でしたので、それなり不足気味だったのは間違いないかと。

充電完了後の帰宅時に、軽い異音がしていきなり温風出はじめたので、こりゃフラップだろーと目星つけたのですが・・。温風出た時は、ベンチレーション位置スイッチを何回かいじったり、温度下げまくったりしていたら、若干改善したのですが、翌日は炎天下で全然ダメそうなのでアキバいってモーター入手して、夜にコントローラ外して見たら正常に動いてるじゃん、という状況です。

その後昨日今日と、この炎天下の中、問題なく冷風出ております。

ちなみにウォームギア付モーターは秋葉原ではみつからず、モーターのみ購入でウォームギアと別に入手しました。
デジットは侮れないっす。秋葉のジャンクパーツ屋の親父にこんなの無い?と、こちらの写真を見せたのですが×。みんなデジットのことは知っていて大手さんにゃ敵わないって感じでしたね。ウラヤマシィです。

Re: エアコントラブル

そうでしたか、失礼しました。

ブロワーファンのレジスターの所のダストが間歇的なショートを起こして奇妙な現象を起こしているという可能性はどうでしょうか?
http://www.club-xm.co.uk/forum/viewtopic.php?f=8&t=3117&start=30
こちらの方のトラブルがlhm4000さんの症状に似ているように思われました(同じく後期型です)。釈迦に説法の失礼は承知ですが、助手席ダッシュ下のパネルを外せば、アクセス・確認できそうです。
 あと、エンジンルームのなかのヒューズは一度焦げると、接点の問題は進行は止まらなくなるみたいですから早晩、独立・接点強化(maxiヒューズというのがいいとされているようです)が望ましいかもしれません。

フラップコントロールユニットも壊れかけると気まぐれですよね。完全に動かなくなってから中のモーターを交換するのもいいかもしれませんね。デジットは大阪にしか無かったんですか?意外でした。秋葉原の方がもっといっぱいあるだろうと想像してましたから。あのラジオ館というのが今休館しているみたいですが、その影響もあるのでしょうか?ちなみに私の入手したモーターの型番は
FC-280SA-17182A
でした。通販も対応しているようなので、問い合わせてみてもいいかもしれません。お店の人に、これはどんな用途に皆さん買われていくものなのですか?と聞いても”ハア?”と要領を得ませんで、謎です。

No title

秋葉のジャンク屋やデジットに並んでる商品は、大手メーカーから下請けのが発注された部品の過大生産品とかキャンセル品、終息品の在庫部品とかが多いらしいです。おそらくあのウォームギア付きのモーターも、その手のルート品なのではないかと。
大阪は家電メーカ多いので、その手の商品持ち込まれているんじゃないですかね。
だから店員に聞いても、なんの部品なのか要領を得ないのではないかと。

>ブロワーファンのレジスターの所のダストが間歇的なショートを起こして奇妙な現象を起こしているという可能性はどうでしょうか?

なぜかその後は再発もせずに、この炎天下でガンガンに効いてます。
ファンレジスタは欧州車は弱いの多いですね。空冷ポルシェもオイルクーラーのファンレジスタいかれるのが、お約束でした。次回再発するようならチェックしてみます。

> あと、エンジンルームのなかのヒューズは一度焦げると、接点の問題は進行は止まらなくなるみたいですから早晩、独立・接点強化(maxiヒューズというのがいいとされているようです)が望ましいかもしれません。

ヒューズ飛んだときはきれいに溶断していて、ヒューズボックス自体はキレイです。
まあリレーは噛ませなきゃなぁと前から思ってはいたので、電装屋がヒマになったころ頼もうかと思います。

Re: No title

> 過大生産品とかキャンセル品、終息品の在庫部品とかが多いらしいです。

なるほど、ひょっとしたらこのデジットのモーターもトヨタなんかから流れてきたものかもしれませんね。としたら、信頼性は盤石ですな。


> ファンレジスタは欧州車は弱いの多いですね。

まったく、困ったものです。


> ヒューズ飛んだときはきれいに溶断していて、ヒューズボックス自体はキレイです。

これが、本来のヒューズボックスのあるべき姿ですよね。lhm4000ccさんのXmのRPナンバーはひょっとしてかなり最終に近いものですか?Xmのヒューズボックスは当時の他のシトロエンと比べても最悪のものみたいです。リレーをかませるという方法もあったんですね。調べてみます。
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。