FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続 吹き出し口切り替えフラップ


 翌日には再び機能しなくなったエアコンの吹き出し口切り替え(direction)フラップ。それではと、コンパネの方をチェックしましたら、信号がコンパネからきてないことが判明。そこで、1年前に無実の罪で取り外されたコンパネを取り出してきて差し替えましたが、同じ。

 コンパネの外し方。前に書いた方法の方が傷つけにくいですが、面倒な場合は、、、、R0018057.jpg

使わなくなったどこかのメンバーズカードを両ラミネートをはがしてさらに薄くしたものを細長く切って、隙間に差し込みこの写真に写る金属のストッパーを押さえながら眼鏡用極薄-ドライバも上やら下やら差し込んで併用しながら引っ張り出すと外れます。ストッパは左右1個ずつ、上に1つ、下に2つか3つあります。隙間にライトを差し入れて見るとこの金属ストッパがキラリと光り、その位置の見当が付きます。

コンパネに刺さるコネクタをグイグイ押しても変化なし、R0018065.jpg

コネクタの中の該当する茶色・黒色の配線(右から5,6番目)を圧着し直したりしても同じ。他の2組の茶・黒配線はそれぞれ6.8Vと信号が出ておりました。なぜか、このdirectionフラップ用の配線のみが1部被覆を剥かれて半田みたいなもので再接続されていましたので、最初これを見たときは、1年前温冷ミクシングフラップを見てもらった時に”十分な電圧の信号が来てないからだ”と言ってた電送屋さんが点検した後だろうと早合点したのですが、実はこれがdirection flap用の配線でした!
 まあそれはどうでもいいことですが、これ以上は何も解らず、この配線に7.5vの電圧をかけてみて肝心のdirection flapが動くのを確認して、もうこれはマニュアル式にするしかないやと、あきらめてコンパネをもとに戻すと、なんとまた復活しました!
 なんだこりゃ?電気ショックしたみたい。もうちんぷんかんぷんです。
 明日にはまた動かなくなってる可能性大ですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

振動

叩くと治る昔のアナログ電化製品みたいですね。w やっぱし、どっかの接触不良?

やはり

 そうでしょうかね、やっぱり。姫路のSさんは、エアコン壊れたXmからプジョーの新型に乗り換えて、エアコンなどの快適性に感心されてました。”デジタル世代”をめざしてなり損ねているアナログ製品なのでしょうか?
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。