スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロットルポジションセンサー(TPS)

2013年11月 20万1400km

 その後、アイドリングは随分落ち着いてましたが、どうしても微かなプルップルッというぶれが残る感じでした。ICVバルブだけではなかったのかと考え始め、以前交換して効果のあったMAPセンサー。まだ1年しか経ってない社外品でしたが、ひょっとしてこれか?とすっかり非純正に不信を抱くようになった僕は純正品を取り寄せて交換しましたが、、、、、、、
 効果無し。確かに、あのときとは少し症状が違うような、、、あのときはクルージング時にもガクッと一瞬回転が落ちる感じがありましたし、、、
 キャニスターバルブの作動音も聞く限り問題ないようで、異常なほどのガソリン臭も漂ってきません。

それで、エラーの出てないレキシアでアイドリング時のモニタリングをしてみました。
R00454.jpg

じっと見てると、State1のO2センサーは100台から800台まで忙しくサイクリングしてますが、これは異常ではないようです。さらに上流を辿っていくと、アイドリングの640-720rpmのばらつきに合わせて負圧がバラッバラッと揺れ動いてます。そこから更に遡ると、アクセルバタフライアングルがたまにおそらくアイドリングのばらつきと同時に0→0.3と動き、ボルト値も揺れ動いてます。
 R0018458.jpg
これか?と思って、TPSを交換しました。在庫がないのに出品するという悪評の目立つセラーでしたが、案の定、在庫が無かったので差額無しで同等品を送ると連絡くれたと思ったら、届いたのは純正BOSCHの全く同じ型番のもの。ラッキーと感謝しながら交換。症状は消失しました、今度こそ完全に。

・・・・・・と思っていたら、レキシア上ではスロットルバタフライの挙動は同じ様なものでした。なんだ、誤差範囲のものだったのかと、あまり意味ありませんでしたね。
スポンサーサイト

内装の傷み

2013年11月 20万1000km
R0018447.jpg


 運転席前方の内装が剥がれてきました。布用の接着剤を使って修復しました。アイロンを当てると早く接着できると聞いて、毎冬愛用している白金カイロを当てて乾かしました。
R0018449.jpg<br />


SDIM3206.jpg

 連休を利用して丹波篠山の「いわや」SDIM3219.jpg

 絶品の丹波牛をたのしみました。

写真はいつも頼んでいる丹波牛のすき焼きですが、ここの本当の名物は、ご当地の猪を使ったぼたん鍋です。いずれはと思いながらも、まだ挑戦できておりません。
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。