スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレーキ スキール異音対策 再挑戦

2012年 11月 19万900km

 ブレーキング時の異音は無いものの、再発した巡航時のキィキィ音がどうにもガマンならず、再度調整しました。ずーと連続してなるというのは、やはり気が滅入ります。
 パッドの角をコンクリートで大胆にこれでもかと言うくらい削り落とし、真ん中に金ノコでスリットを入れ、グリスはピストンの当たる裏だけでなくキャリパーに接するほぼすべての所に塗りました。今回は、フロント左右両側4枚とも同じように処置しました。
R0017543.jpg

 どうだ?これで。

 あの音は、もう勘弁してほしい。

#後日談; その後1ヶ月、音の再発は無く、解決したようです。
スポンサーサイト

ミッションシール漏れ

2012年11月 19万600km
SDIM2694.jpg

ある日、乗り込む前に車の下を覗くと、黒っぽいオイル跡がポツンと、、、位置的に見てエンジンルーム右側で、見てみるとオイルパンのシールからの様で、あまりたいした量ではなく、最近トタルからシェブロンに変えたせいなのかな、、、しばらく様子見ようと思ったのですが、ふとミッションの方を見ると、なんとドライブシャフトがミッションケースから出て来るところのシールからミッションオイルが漏れてます。R0017520.jpg
なぜかミッションケース下地面にはなにも痕跡は無いのですが、この前のミッションオイル交換したとき、そういえば抜けたのが2L弱、入ったのが2.2-.3くらいでおかしいなと思っていたのです(この車のギアボックスML5Tの諸元では確か2.2Lだったはすなので)。
 このオイルが横の方へ伝わってエンジン側のほうから地面にたれたのかとも思ったけど、地面を指で拭って嗅いでみてもギアオイル特有の硫黄臭みたいのが無いです。
 まあとにかく交換しなくちゃと部品探しまして、60_12.jpg(参照;ebayUK出品写真)
最終型Xmマニュアルギアボックスは、なぜか同じ年式の4HP20でなく、初期型4HP18オートマギアボックスと共通とわかりましたので、国内で調達、いつものVell Motorsにお願いしたら、あっという間に交換してくださいました。交換で、ギアオイルが1L抜けてしまいましたが、ギアオイル余分目にかっておいた分があったのを使ってもらいました。とはいえ、モチュールなので(ルパルナス推奨)、これはショックというか、痛かった。よく確認してたら無駄遣いしないですんだのに、、、イタタタ、、、。

 それと、走行時のキイキイーー雑音が再び再発。もうこれはブレーキキャリパーから交換・オーバーホールしてもらわないと無理なのか?あーーなんかもう疲れてきます

ミッションオイル交換

20012年11月19万100km
R0017485.jpg

 特にシフトフィールには不満はありませんでしたが、前回から3万km経過したので、ミッションオイル交換しました。以前、ミルクティー色の排液で心配したこともありましたが、今回は金色の普通の色でホッとしました。

 試運転。心なしか、前よりシフトが軽くなったような気がしますが、気のせいかもしれません。

 

MAPセンサー

2012年11月 18万9900km
R0017450.jpg

 北軽井沢のキャンプからかえってしばらくしてから、どうも加速時にエンジンが息継ぎをするようになりました。走り始めは無いのですが、しばらく走って水温計が80度で落ち着く頃になると、1000回転台の低回転時からの加速時にギクシャクしてしまいます。2000回転を超えると、どうもありませんが、いよいよ信号待ちアイドリング時にも、何となく、ドクン・・・・・ドクン・・・みたいなばらつきをタマに感じるようになりました。
 パソコンで、キーワードになる症状をいくつか打ち込んで検索しますと、MAP センサー、ポテンショメーターなどが挙がってきて、読んでみるとどうやらMAPセンサーが怪しいと言うことになり、さっそく注文しました。

 新品のセンサーと同じものを探してみると、エンジン後ろ、銀色のインテークマニホールドの真後ろに芋虫のように10mmボルト一本でくっついているのが見つかりました。

 交換して、ECUをリセットしてから試運転。

 何じゃこりゃー

 生まれ変わったような、エンジンの吹け上がり!なんだか、車が軽くなったみたいな感覚。バイクみたいなヒラリヒラリ感覚です。

 今日は仕事で名神高速を利用しましたが、いままで130kmを超えるようないいペースで走っていると数分ぐらい焦げ臭いにおいがしてたのが、きょうは無いような?燃調が濃いめになっていたのが改善されたんでしょうか?上り坂で急加速するときも、モクモク煙がバックミラー越しに見えることもたびたびありましたしたが、これも改善されてるといいんだけど。

 なんにしても、触媒変えたばかりだったので、良かったかと。新しい触媒には、警告として交換する前に02センサーの同時交換はもちろん、触媒に損傷を与えた原因を可能な限り治してから交換するようにと張り紙されてましたから。

 追加(2013年10月);その後、約1年たちました。上り坂でフル加速してもマフラーから黒煙は出なくなったままです。

SDIM2607.jpg
<伊丹荒牧バラ公園のバラ>

プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。