スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラッシングオイル→LHM交換

22年5月25日
147500km
R0013282.jpg

LHMフラッシングオイルに交換して5000km走行したので、本来のLHMオイルに入れ替えました。モンテカルロのLHMplusで、1L缶\1000円でした。フィルターを掃除しようとタンクから取り出すとき、かまぼこ形の方が引っ掛かって、反対側の円形フィルターのつばが欠けてしまいました。これがないと、かまぼこ形フィルターの固定ができません。円形フィルターの方を180度回してごまかしました。次回交換時に反対側も欠けたら、もう交換しかありません。念のため、注文しときますか・・・  エンジンマウントをお世話になってる工場から注文してもらったら、ブラケットという部分が供給終了とのこと。仕方なく、スペインの部品商から取り寄せ中ですので、それに乗せてもらうことにします。
 フィルターは、墨汁みたいなもので真っ黒でしたが、粒状のものは見あたりませんでした。入れたときは無色透明だったフラッシングオイルは、出てくるときは前回同様LHMオイルと変わらない緑色で、4L強でした。
フラッシングオイルの乗り心地に慣れてしまっていたのか、LHMにもどすと、なんか重厚な感じの乗り心地で動きがゆったりしてます。あるいは、フィルター清掃のせいか? 考えてもきりがないのでやめときます・・・
スポンサーサイト

エアロワイパー交換

2010年5月22日R0013263.jpg


エアロワイパーが、1●0KM以上でばたつくので、結局もとのフィン付きの普通のワイパーにもどしました。撥水対応ゴムをつけたので、ガラコでもタンクに入れときます。これからの梅雨シーズンに備えて。
 大手カーショップによくおいてある、立派なエアロワイパーは、なぜか右ハンドル専用みたいで手が出せません・・・。今までのエアロワイパーはイギリスからわざわざ取り寄せたもので、名前も覚えてませんでしたが、どうも軽すぎたのも災いしてるような気がします。

R0013253.jpg

蒜山・鳥取砂丘へ

2010年5月9日
147200KM
本日は、ヒル12時に神戸を出発、阪神高速→山陽→播但連絡道路→中国道→米子道ルートで蒜山に向かいます。ホイールバランスがとれて、振動は消失、何の不安もなく天井知らずに加速していきます。。
100_4205.jpg

3時頃に到着した蒜山ジャージーランドで前回食べ損ねたチーズフォンデュを注文しました。ゴーダチーズ100%ですと運ばれてきた鍋の中野チーズは、においは少なくて、食べると餅のように粘ってコクがあって美味しかったです。

食べ終わると、菜の花畑を散策後すぐに鳥取砂丘に向かいます。

到着時は、既に夕暮れでした。R0013188.jpg

洗濯板のようなおもしろい雲、
R0013191.jpg

イカ釣り漁船?
R0013206.jpg

風紋
R0013219.jpg

近くで開催していた砂の彫刻展の入り口に構えていたライオン増(アフリカ店が今年のテーマでした)
R0013230.jpg

仕事の呼び出しがあったので、急いで神戸に向かいます。
仕事を終えて1時に帰還。

ネコのイブが
”お疲れ~”
R0013154.jpg

ホイールバランス

先日の鹿児島へのドライブで、高速走行中の車体の振動を感じました。
早速、本日西宮は門戸厄神近くのランフラットさんに駆け込んで、ホイールバランスを取り直してもらいました。かなり狂っていたみたいです。5000kmごとにローテーションするようにとアドバイスをもらいました。
R0013126.jpg

昨年、トヨータイヤのグランパスMP4に交換してから、左にそれる癖がすっかり無くなってたので、お礼とともに尋ねたところ、交換以外何もしていないとのことでした。もともと、左に流れる欠点があるところが、タイヤの特性とサイズを細くしたことでその欠点が薄まっただけなのかもしれません。ミシュランのドライタイヤでも、韓国製のスノータイヤでも全く同じように左にそれてましたから・・
R0013137.jpg

メーカーによっては、いくらバランスとってもふれが収まらないことがある、特に某メーカー(フランス製ではないです)のものは、売る前にそのことについては責任もてないと話した上で売っているとのことでした。日本で高い評価を受けている海外メーカーの関係者からも、日本のタイヤの方が精度が高いという話を聞くそうです。先日も、ジャガーのお客さんが使い慣れた銘柄が生産中止になったので、しょうがなくチョイスしたMP4をはいて、目から鱗と感謝されたという話を聞きました。店長さんも、”やっぱり日本の道路には日本のタイヤがいいんじゃないんですか?”ぽつりといわれました。
 このタイヤも、今のところいいですが、耐久性とかはまだわかりません。今までずっと愛用してきたミシュランは、どれも相当もった記憶があります。ドライ・ウェットとも限界性能は僕の運転レベルでは、一生わからないですが・・。

ドライブレコーダー

JAFのドラドラというドライブレコーダーを取り付けてます。
ルームミラーの後に固定してますが、一部はみ出ます。赤いボタンは、任意に録画開始したいときに押します。基本的には、ショックを感じると、その十数秒前からと十数秒後の間の起こったことをメモリーカードに保存されます。
R0013125.jpg


町中走行中にこんな場面に遭遇すると、記録されます。
青信号であったのがわかりますね。
[広告] VPS

スピードセンサー 完治?

2010年4月27日 144200km
R0012800.jpg

約1年前から、時々出ていたスピードメーターが突然0を指すと同時にエンジンブレーキがガクガクとなる症状が、最近増えてきました。ネットで手に入れたDVDのパーツリストを見るとエンジンECUに情報を送っているものの1つにspeedsensorと載っていたので、この部品番号で取り寄せて、いつも大変お世話になっている近所の工場に交換してもらってたのですが、2回交換するも1年間観察したところ、どう見ても診立て外れと思われました。今回は、じゃあそのセンサーの接続部のソケットに腐蝕がないか見てもらおうと預けました。今回は、時間がとれたので車を前に整備士さんに直接お話ししていたら、今まで交換した私がスピードセンサーと思っていたものは、”エンジン”スピードセンサーで、速度計とは関係ない、本当のスピードセンサーは別にあると教えてもらいました。その話を聞いて、写真のスピードセンサーをすぐ交換してもらいました・・・このセンサー実は、部品番号なしで2回目注文したときに間違って届いたものと思いこんで、家でそのまま保管していたものです。捨てずによかった・・・。

R0012824.jpg


それにしても、こんなことで1年間無駄にするなんて・・・生半可な知識で素人が考えてもろくなことはないという感じに終わりました。
それよりも整備士さんに、よく症状を伝えることが大事なんだろうな。自分なりに調べたり考えたことも含めて。そんなことをしっかり耳を傾けてくれる整備士さんだから助かります・・。 でも、整備士さんなかなかお忙くて車を前にお話しする機会がなかなか無いんですよね。

今回の鹿児島への2000kmの旅では全く出る気配がありませんでした。やっと完治?当たり前か?アホです・・・・。

さあ、あと冷却水の交換の他に、整備士さんに聞いた2000RPMでの微振動から、エンジン・ミッションマウント全交換を思い切ってやるか、ハイドロクリーンをLHMに交換・フィルター洗浄、そろそろミッションオイルも交換? しばらく何もしなかった分貯まってきてます。 ちなみに、ハイドロクリーンはイギリスのXm掲示板を見たところ、皆さんだいたい3000-5000KMぐらいで交換する感じでしたが、ある人がフランス本国ではもっととんでもない長距離を乗り続けるのが当たり前のようだ、ハイドロクリーンの上を行くハイドロネット2000も使われている、ハイドロネットはイギリス本国では入手できないのでどうも臭い的にガソリンぽいから、ガソリンをHTMLタンクに混ぜたらむちゃくちゃ効いたが喫煙者は御法度とか、各種色々カクテルしてみたとか・・・・本当かよ?という情報が飛び交っていて、混乱してきます。

 でもまあ、5000kmぐらいで交換してみようかな? ということは後1000kmぐらいか・・・

鹿児島 指宿へ 2000kmの旅


R0013070.jpg

146500km2010年5月1日~5月3日


父の3回忌のために、実家の指宿に帰省しました。

1日夜7時の出発で夜間走行が主でしたが、イエローのHIDは期待以上に明るく、運転しやすかったです。路面や白線が黄色く浮かび上がって照射範囲がわかりやすいのが感覚的に安心感を感じている気がします。今思えば、6000KHIDだと、他の明かりに紛れてどこまで照らせてるのかわかりにくい感じでした。5000円もしない安物だったせいかもしれませんが・・・。このイエローは、バーナーだけで3000円台だったと思います。
[広告] VPS

途中、晩ご飯に食べた尾道ラーメンのうまさにびっくり、滅多に飲み干さないスープまで全部頂いて完食しました。
IMAG0609.jpg


さて、さすがに眠くなって、夜3時から福岡の基山SAでお休みしました。もう暖かいだろうと毛布を持って行かなかったところが、夜は思いの外冷えてぐっすり熟睡はできませんでした。
その割には朝日と共に、朝6時にばっちり目が覚めて、一路指宿を目指します。朝10時に到着、12時からの法要に間にありました。
R0012909.jpg
 (今回も890kmを無給油で到着)

 家族・皆さんと歓談しながら仕出し弁当をいただいた後、前回訪れて気に入っていた坊津を目指して、ひたすら226号線を西へ向かいます。坊津にはいると、国道とは名ばかりの厳しい山道に入ります。Xmはハイペースでも全く不安なく、まさにフラットライドを堪能させてくれます。高速でのゆりかごのような乗り心地とはうってかわった変化がおもしろく、頼もしいです。
[広告] VPS

 わくわくするドライブの後にたどり着いた坊津は・・・・・やはり、変わらぬ素晴らしい美しさで迎えてくれました。今回は、夕日を拝むこともできました。
100_4157.jpg
R001.jpg
100_4163.jpg
100_4097.jpg
R0012969.jpg
R0012943.jpg
R0012997.jpg
R0013000.jpg
R0012915.jpg
100_4164.jpg


その晩は、11時頃に就寝し、翌日3日、午前11時に出発です。九州自動車道の若宮から小倉南まで25KMの渋滞と出ていたので、若宮で下車しました。岡垣で病気療養中の叔父を見舞い、また小倉南を目指します。高速渋滞を下道でやり過ごすとき、ガーミンというPDAに案内させるのですが、幹線道路よりも山道を案内しようとする傾向があるみたいで、今回もヘアピンやら変化のあるコースで楽しませてくれます。
R0013108.jpg

 岡垣市を流れる遠賀川沿いでは鯉のぼりを干してました。
100_4189.jpg

 小倉南で再び高速に合流し一路神戸を目指しますが、下関JCTあたりで、大きな渋滞あり。対向車線事故の脇見渋滞でした。

関門海峡の夕日です。
[広告] VPS


 その後は、中国道を順調に走行して神戸に夜2時に帰還しました。

ご苦労様。
100_4192.jpg


翌日も仕事の呼び出しが3件あり、外回りをりました。ドライブに仕事に、文句いわずに本当によく走ってくれます、しかも乗り手も全然疲れさせないので、助かります。感謝感謝・・・・。

よく働くといえば、2年前の同じGWのことでしたが、闘病中だった父の主治医の先生にもうできることはありませんからとといわれて私が当時住んでいた宝塚の自宅に、Xmの荷台で点滴に繋いだまま連れて帰ったこともありました。

DH000001.jpg

その宝塚から今の神戸に引っ越すときも、大きな家財道具を沢山運んだこともありました。
R0012025.jpg



Xmは、ぱっと見た目はデザイン優先のスタイルに見えますが(有名デザイナーだから当然か?)、乘味といい、内装の便利な設計といい、幅広い用途・娯楽に対応した、素晴らしい車です。あすなろさんのサイトの”20世紀最期に生まれた人類の叡智が生み出したこの車の素晴らしさを共有しましょう”という言葉も、大袈裟ではないなと感じる今日このごろです。



でも、もうすぐ部品も手に入らなくなるか寿命がくるか・・・・降りる日がいつか来るんでしょうね。



次の車を考えとかないといけないんですが・・・これは難しい選択です。

イエロービーム化完成

4月23日 144000km
前回のハイビームに続き、ロービームもイエロー化しました。ハイビームはハロゲンのキャッツアイにしましたが、ロービームはHIDに変えていたので、でキャッツアイのHIDバーナーを探したところ、少し高かったので、OEM製品という安いものにしました。しかし、黄色さにも明るさにも満足です.

SDIM1476.jpg

長いこと黄砂にまみれていた愛車を洗車しました。ブリスの艶がきれいです。黒という車体色はやくざっぽくて嫌いで、自分が乗ることはないだろうと思っていた色ですが、こうしてみると写り込みが鮮やかで、なかなかいいもんです

R0012789.jpg

ヘッドライトカバー清掃

4月2日 143000km

今日は、初めてヘッドライトカバーを清掃しました。
汚れて、曇っています。
R0012514.jpg

TOSさんの、サイトをたよりに進めました。


ガラスカバーを固定しているクリップは、爪が2つあって、同時に引っ張るのは難しいので、百均で打ってる柔らかい針金みたいなものを通して爪が持ち上がる方向に(下側の爪なら斜め下方向)に引っ張るとはずれます。下側は装着時にも役立ちます。
R0012525.jpg

TOSさんが心配してたとおり、左の真ん中の爪ははずれたとたんにポロッとバンパーの中に入って回収不能となりました・・・今度はバンパーはずしに挑戦しないといけません。


学習して、左の下側真ん中には、このように糸を結んでおいてなくさないように対策しました(悲しいかな、実際に役立ちました・・・)
R0012528.jpg

ロービームの遮光板にTOSさんも紹介していたようにアルミホイールをつけました。

R0012520.jpg
R0012522.jpg

同じフラッシュ撮影しても、これだけ違います(眼が眩みそう)

グリルをもとにもどそうとして、問題発覚。手前の方がご覧のような形状のストッパーになっていてグリル側の小さな穴を通過できません。散々試行錯誤しましたが、最後には崩壊してしまって、撤去しました。ホームセンターでなにか代替品を探してこなければなりません。
R0012532.jpg

点灯してみると、きれいでうっとりします。
R0012534.jpg

でも、苦労した割には路面の明るさは、あんまりかわならいような・・・・気の持ちようて感じですか。疲れました。気がついたら、もう午前2時です。R0012555.jpg

イエローバルブ装着(ハイビーム) LHM交換

2010年4月2日金曜日
イエローバルブ装着、LHMオイル交換

2010年4月1日  142500km
キャッツアイのイエローバルブをハイビームに装着しました。

きれいな、イエローで、明るいです。
R0012470.jpg

一昨年、山陰の大雪の中を走ったときに、ハービームにしたとたん視界が真っ白になってかえって見えにくくなりましたが、イエローだとどうなるんでしょうか? 神戸ではなかなか試す機会がないですが、悪天候時が楽しみです。ロービームもイエロー化を考えてみたいと思います。

それと、LHMをハイドロ・クリーンという洗浄液で交換しました。5000kmほど走行した後に本来のLHMに交換予定です。ハイドラクティブはハイドロより回路が細くてスラッジが詰まりやすいからより効果的といううたい文句を聞くと、使いたくなってしまいます。R0012483.jpg


こんな吸引セットをペットボトルで作ってみました。チューブの片方を掃除機などの吸引するものに繋ぎます。
R0012479.jpg
R0012480.jpg
R0012484.jpg

約2年間と5万km走行後のLHMです。ほとんど汚れてないように見えます。
R0012490.jpg

車検

車検
2010年3月30日
142500km

今日は、車検に行ってきました。
午後1時から予約していたのですが、魚崎の陸運局は結構すいていて、30分くらいですべて終了しちゃいました。
R0012421a.jpg


この光軸検査が一番心配だったんですが、両方ともマル印が点灯したときはほっとしました。
R0012423.jpg

新しいマークを貼り付けます。
僕のXmには、フロントガラスにも赤外線断熱フィルムを張っているんですが、古いのをはがすときも問題なくはがれてくれました。かなりしっかり張り付いているようです。
R0012437.jpg

さあ、つぎはあすなろoff会の皆さん推奨の、CATZのライジングイエローバルブが明日到着予定なので、早速装着してみます・・・・
R0012427a.jpg
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。