スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオ交換

R0012329.jpg
2010年1月
138000km
我慢して使っていたイギリス仕様のケンウッドオーディオデッキに見切りをつけて、思い切ってナカミチのCDデッキに交換しました。交換した理由は、イギリス仕様でFM放送がほとんど聞けないのと、一度高性能デッキというのを経験してみたかったからです(わざわざイギリス仕様のデッキを取り付けていた理由は、過去の記事を参照)。
 やはりすごいですねー。レビューでよく目にする、聞き疲れしないという感覚を初めて体感しました。音量を上げても、すごく音が澄んでいて、音が割れたりしません。音割れするのはスピーカーのせいだと思っていたけど、本体の影響もすごく大きいんだとわかりました。
 交換した効果は絶大でした。低音もものすごい迫力で高音はゾクゾクするような澄み渡った音です。サブウーファーなんて全くいりませんね、重低音はとても心地よく体中に響く感じです。
 USBメモリーが聞けなくなったのは残念ですが、ナカミチには珍しくMP3(WMAも)に対応しているので、CDRWに相当な曲数が入ります。なんでも、開発者によるとなぜか録音元のCDよりもMP3録音の方が音がいいとか・・・昔のテープデッキ時代からの技術が踏襲されているんでしょうね。

 前のケンウッドをコントロールしていたステアリングリモコンで、このナカミチも操作できてます。学習は前とほぼ同じ内容で記憶させました。MP3録音したCDRWの中のフォルダ階層にも対応してます。
スポンサーサイト

正規輸入車との相違点その3

前の正規輸入版では、朝イチのエンジンスタート直後に、ストップサインとともに、1分ぐらいアラームが鳴り続けてましたが、この本国仕様車では、5秒ほどですぐストップサインは消えるし、アラーム音もしません。単に個体差なのかもしれませんが、他の本国仕様車を見たことがないのでわかりません。span>

R0012325.jpg

フロントブレーキディスク交換

2009年12月1日
137000km
ブレーキの効きが悪くなったように感じられてきました。フロントブレーキパッドを13万kmで交換したばかりなのでブレーキディスクもパッドと同じディクセルという製品に交換しました。これで、下りの急ブレーキでも安心できるようになりました。
R0012282.jpg
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。