スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘッドライト光軸調整機構の修理

2014年1月 20万3300KM

最近、夜走行していると対向車からパッシングされることがありました。壁にライトを当ててみると、右ライトは光軸の斜め上側にも余分なライトスポットがもう一つ目立ちます。

 車検も近いので調整してみることにしました。ヘッドライト裏の上下調整ボルト(本来は切断したワイヤーを介して回転させるようになってますが、前回切断する羽目になりました)を10mmソケット(ぴったり適合します)で廻しますが光軸は全く動きません。
 どうも中の方も調整機構が壊れたみたいです。

 並行輸入の左ハンドル車だから、ヘッドライトレンズのカットが右側走行仕様のままになっているのかとも思い、テープで一部マスキングしたり、欧州でイギリス走行用に販売されているbeam benderの購入も検討しましたが効果はなく、左ハンドル車の右ライトのレンズは今の車も前の正規輸入車も同じものが使われていることが分かりました。

 光軸調整機構の修理をするしかないと観念しました。

1.ヘッドライトをボックスごと取り外す
 
 ダブルシェブロンの入ったグリルを取り外し、ヘッドライををむき出しにする。


3カ所の10mmボルトを取り外す。内側下のものは陰になっていてクラクションステーと共締めになってます。

R0018661.jpg

ロービームの配線コネクターを外す。 <訂正>ハイビーム近くの配線コネクタを外す。ロービームはHIDバルブに替えてあるならバラストと一緒に外せますが、バラストとロービームバルブとの配線を外しておいた方が身軽です。HIDバラストを固定する両面テープはスカスカにひからびていたので、今回作業終了時はタイラップで近くのキャニスターバルブのステーにくくりつけておきました。

R0018579.jpg
   
 光軸調整用のノブをできれば外しておいた方がよい。このような形になっているので裏側から手が入るのならグイッとストッパー部分を押して無理無く外すかマイナスドライバーを鍔と土台の間に差し入れて刃先でストッパー部分を圧迫しつつ鍔を強引に押し上げる(ストッパーがおれる危険性あり)。

R0018658.jpg
 さあ、これでライトボックスはフリーです。おっと、左ライトの時はボンネットを開くためのワイヤーが通ってるので外すのをお忘れ無く。

2.ライトボックスを分解する
 クリップを外してからガラスカバーをあけます。

 反射板は前側の細いエプロン状のものは三箇所で固定されていますが、簡単にはずれます。左右斜め上の二本は軽く手前に引き、最後に下側のひっかっかている爪を優しく押して解除。

R0018664.jpg
 本体側の反射板はライトボックス側3本のボルトのボール状先端が反射板裏面の穴にハマりこんで固定されてます。このうち上側と斜め内側の2本が光軸調整用の役割を果たしています。残り一本は同じ形ですが単に固定用です。R0018662.jpg
ボルトの中程にはネジが切られており、本体穴の中に固定された金属ナットの中でボルトが前後に動くことで反射板を押したり引いたりするわけです。


 終了してこの3本のボルトを元の穴にはめるときは
R0018567.jpg

黒いプラスチックの受け穴の方を

R0018570.jpg

このように反射板から外して先に嵌めておいたほうが楽です。

R0018667.jpg
 私の場合、一番上に位置する光軸上下調節用のナットが穴の中から簡単に脱落してきました。ナットが穴の中でがっちり土台の役割を果たせないのでボルトを廻しても反射板を動かせないわけです。左右用のナットは穴の中でがっちり固定されてました。

 考えるに外から調整用ノブを廻して反射板が上下の外枠限界まで当たって動けなくなってるのにワイヤーを介しているものだから、気づかずに無理やり回し続けてワイヤと中のナットに過大な負荷が及んで、折れ曲がったみたいです。私の場合、ワイヤー切断してボルトを直接回せるようにしたので、中のナットにも力がかかり過ぎて固定が外れたみたいです。また、いじり壊してしまいました。ナットとボルトが固着してるのを無理に回してワイヤが折れてしまう事も考えられるので、ノブが固いと感じられるときはCRCを吹いておくのも不具合の予防になりそうです。

 今回やったことは、このナットを瞬間接着剤で元の場所に固定しただけのことです。

R0018577.jpg
 今回の作業中に、HIDバルブの台座を固定する小さな2個のネジのうち1個がなくなって、バルブが斜めを向いているのに気づきました。このために光軸が狂っていたのなら、いくらノブを回しても十分には下がらないわけです。



 10mmソケットでスルスルと調整できるようになり、外側斜め上の妙なスポットも姿を消しました。
R0018585.jpg
スポンサーサイト

マトリックス


Xmの場合、マトリックスといえば、最近激太りのこの方の作品でなく、西のヒーターマトリックス、東のドットマトリックスですね。

ハンドル左にある、半ドアから、重要なエンジン・サスの状態まで色々な情報を知らせてくれるドットマトリックスは、かなり以前に修理して以来、ドット欠けは0-3本に留まっており、再度触ることもないままDIYの記憶も私の中で薄れつつあったのですが、
シロクマさんから、この件で質問いただきました。私の参考にしたサーブ乗りの方のページはリンク切れになってもう見れないのですが、

 結局大方の原因はディスプレイグラスに信号を送るためのリボンケーブルの接点が悪いのです。コンピューターを分解するとよく見かけるガチッと四の地固めみたいに圧着するようなものと比べるとかなり貧相です。おぼろげな記憶では、ゴムバンドみたいなもので固定してるような頼りないものだったと思います。

 結局それを改善すればいいだけのことです。ダッシュボードのフロント部分を取り外してユニットを取り出し、中を分解すればすぐに何をすればいいか見当が付くと思います。

 フランスでは、こんな専用の対策品も販売してるみたいです。
reparatie strip

 

  シロクマさんのお知り合いのオランダXmクラブのかたは、さらに高い理想を求めてこんな感じの製品を検討しているようです。


 コストを嫌うDIY派の方は手近なものを接点に当てて圧迫がかかるようにすればいいと思います。イギリスのclubXmのメンバー達も沢山DIYを載せてますが、愛娘さんのヘアバンドからタイラップやらビニールテープをワイヤーに卷付けただけのものやら、色んなものを流用してるみたいです。あんまりリボンケーブルの劣化が激しい場合は、接点復活のために、リアウィンドウの熱線ワイヤ用のペイントや柔らかい6B鉛筆なども使ったりしてるみたいです。フィルムに残っている劣化した粘着剤が邪魔になれば、それを何らかの方法で落としておくことも大事かもしれません。彼らは、ナイフの刃やマニキュア除光液など使ってるみたいです。
ビデオもありました。
 これから、作業を検討されてる方はイメージを掴めたらと思います。

 読めても読めなくてもあんまり意味無いし、大事な機関系の警告はハンドル前のアイコンを熟知してればいいし、DIYはめんどいし、と思ってた私ですが、1台目のXmで"ABS out of use"か何だったかが常に出っぱなしだったために、半ドアに気づかずに走りだしてからカーブでパカッと開いてしまい、同乗者が青ざめたという事があったものでできれば修理した方がいいかなと思ってたんです。ヤフーオークションには欧州車のドットマトリックスを修理しますという業者が沢山出ていたり、京都のアウトパラスさんも修理品を販売してましたが、サーブ乗りの方のページを見て半信半疑でやってみたら、あっけないものでした。

 私の記憶もかなりあやふやになっているので誤りがあるかもしれません。詳しい方がおられたら訂正していただけたら幸いです。

大事な追加(5月25日)

早速実行されたシロクマさんから報告いただきました。圧迫を強め強めるだけでは、悪化するだけでどうにもならずアイロンで粘着剤を軟化させた上で冷やしつつしっかり圧着して治癒したとのこと。僕の思いこみとは違ってアイロン掛けも大事だったんですね。熱で痛める事をおそれる向きには、clubXmのメンバーのようにこの粘着剤を除去の上しっかり圧着という選択になるようです。
 また実行された方の追加報告あればお待ちしております、、、。

 

ハザードボタン

Xmのハザードボタンは、他の室内灯・クルーズコントロール・デフロスタ・フォグランプなど沢山のボタンの横一列に並ぶなかに埋もれるように配置されていて目立ちません。本線合流後の挨拶代わりに使うとき手探りでやって誤って室内灯がついたりします。
 そこで、ホームセンターで買った小さな反射板を適当な大きさに切って貼り付けておきました。
 これで、手探りでも十分に探り当てられそうです
R0018105.jpg

lexia 3 check

2013年3月 19万3700km

 先日のトラブルで、ブレーキラインにエアが入ってないかが気がかりで、普通のブレーキエア抜きではABSに入ったものは除去できないようなので、そういう機能があるかどうかlexiaにつないでみました。しかし、VINナンバー、RPナンバーを入力して認証しても、ABSメニューでは、BENDIX、TEVES mk20、のどちらだと聞いてきます。私のXmの諸元を確認しても、記載がありません。本日は往復90kmの航程でしたが、ブレーキタッチも問題ないようなので、そのうち直接確認(バッテリーケース下?)してから再度トライしてみることにします。

 ついでにサスペンションは、
R0018045.jpg

 エアコンは、
R0018046.jpg

色々と並んでます。エアコンのエラーは心当たりというか察しが付くのですが(全フラップモーター交換済み)、症状と合致しないサスペンションの方はintermittentでありpermanentではなく、バッテリー死亡やメンテ時の一時的な影響がそのまま記録されているということらしいので、そのうちまた再チェックしてみることにします。

 エラーリセット後今まで付かなかったイグニッションオン時のハイドラ自己チェックランプがエアバッグ・ABSと同様に点灯するようになりました。これがまた点かなくなるようなら、エラーが再び記録されたと見当が付くことでしょう。R0018050.jpg


実はバッテリーの寿命だった、、

2012年9月118万9000km
スターターモーターを交換して、安心して走り回ってたある日、外回り先の駐車場で、突然のバッテリー上がり。こういう事もあろうかとトランクに入れていたBOSCHバッテリーを取り出して、その場で交換。スターターモータの音は電光石火、オートバイのそれのような音に更にアップグレードしました。
R0017326.jpg


 その2-3日前から、エンジン始動のたびにオーディオがリセットされたりドアロックが勝手にガチャガチャと動いたりするようになっていたのも虫の知らせだったんでしょう。

 それにしても、今回も2年3万kmと短命に終わりました。1日何回も停めたり走ったりという点は不利でもほぼ毎日走ってる点は充電の面では有利のように思うんですが。はかり方が悪かったのか、電圧測定も全く役立たずでした。新しいバッテリは、電圧12.7、ヘッドライト点灯で12.3。これを基準として、2年たってまだ覚えてたらまた計ってみようと思います。でも、オーディオ自動リセット現象の方が役に立つのかも。
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。