スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013 クルマを諦めきれない仲間の エンジョイ・キャンプ&試乗会 in 田原 Casa di nonno

2013年10月 20万KM

 今日は、今のXmを購入したル・パルナス主催で渥美半島で開催された”「2013 クルマを諦めきれない仲間の
エンジョイ・キャンプ&試乗会 in 田原
”にちょっとだけ行ってきました。早朝6時に出ましたが、新名神→伊勢湾岸→東名音羽蒲郡インターから渥美半島へとかなりの遠回りになり、ついたのは9時をかなりすぎていました。

 試乗させて貰ったのはシトロエンのビルリンゴとVWのT5ロングです。どちらもディーゼル。ベルリンゴの方はアイドリングストップもあり、Xmとは隔世の感があります。T5の方は、180km巡航も可能という高速性能から想像していたものより、結構ソフトな乗り心地でした。

 会場は伊良湖港のすぐ近くでしたので、帰りは、渥美半島→伊勢志摩を繋ぐ伊勢湾フェリーを利用しました。こちらのコースの方が距離的にはずっと近かったです。SDIM3172.jpg
天気も快晴、大海原の波しぶきを感じながらのクルージングは爽快そのもの。途中、三島由紀夫の小説"潮騒"のモデルとなった神島も見ることができました。この島に実在した海女さんと漁師の夫婦をヒントに小説が執筆されたもので、その後映画化された作品5本とも、この島で撮られたそうです。SDIM3161.jpg


 さて、三重県側の鳥羽港に到着後まもなくの伊勢二見鳥羽ライン道上でオドメーターが20万kmを示しました。3代目オーナーの私が走ったのはその半分ちょっとですが、前のオートマXmの時と併せるとおおよそ20万kmとなり、感慨深いものがあります。
R0018417.jpg

 その後の関西のミニ中央高速、阪神国道では、ハイドラクティブサスペンションのポテンシャル全開! 地上路面のあらゆるストレスから解き放たれて、シルキーに伸びていくV6/24バルブエンジンで空を駆けめぐるような痛快丸かじりの巡航。これぞシトロエンXm !

 多くのユーザーが言われるように、嚼めば嚼むほど味の出る諦めきれないクルマです。
スポンサーサイト

クルマを諦めきれない仲間のエンジョイ・キャンプ in 北軽井沢

2012年9月13日・14日
SDIM2539.jpg

今回は、ル・パルナスのクルマを諦めきれない仲間のエンジョイ・キャンプ in 北軽井沢に参加してきました。
土曜の午前の仕事を終えて、1時に出発、ほとんど渋滞はなく名神→中央道→初めての上信越道を順調に進みました。上信越道は、中央道よりも更に路面状態良く、Xmのフンワリ感を最高に楽しめました。8時半頃に会場である北軽井沢のoutside BASEに到着したときは、既に真っ暗でしたが、渋谷さんご夫妻をはじめスタッフと他の参加者のみなさまに温かく迎えていただき、車談義に加わりながら、炭火でグリルした特大ステーキ(2枚!)などの豪華な食事をいただきました。ルパルナスのオールスター車(ランドローバー、VW T5、ラーダニーバ、シュコダシュパーブ)に囲まれながら焚き火とランタンが照らし出すキャンプらしい雰囲気の中、夜遅くまで話は尽きないのでした。温泉にも入らしてもらって就寝。
R0017367.jpg

 翌日。朝一から怒濤の試乗会の始まり。
ロータス エリーゼ
SDIM2536.jpg
 実はスパルタンな乗り心地に途中で降りたくなるのではないのか内心ビビってたのですが、まず段差でも不快なショック/ノイズが全くないのに皆で驚き、その上しっかり体をサポートするシートで全くロールしないコーナリングは、オー、まだ切れる、もっと行ける、えー!?どこまで回り込めんの?、、あんなに首回して、その上あんな回転Gを感じながらコーナリングしたのは初めてでした。もちろん助手席ではもっとすごいコーナリングを体験することになりましたが、、、
 エグザンティアを経て現在ピカソも所有されるダンディなオーナーO氏は初期型の時は胃を揺さぶられるあり得ない乗り心地にあきらめてたそうですが、改善された現在のフェーズになって購入を決めたということでした。

アルファロメオ166 JTDターボディーゼル 5気筒20V 2.4リッター 6段マニュアルミッション。
R0017376.jpg

 こちらは、私の勝手なイメージとは違ってとても快適な乗り心地の安定したロールに、踏んだ瞬間に炸裂するディーゼルターボのエンジンですごく軽快・快適なコーナリングでした。以前ヨーロッパで走った経験のある渋谷氏によると、超高速でも片手添えるだけのビシッとした安定性で、GPS実測257km!を記録してたのことです。

シュコダ シュパーブ コンビ2.0TDI(ルパルナス試乗車)
SDIM2518.jpg

 フォルクスワーゲン傘下のチェコの歴史あるメーカーで、ハイクオリティをリーズナブルに手に入れることができるということで欧州で人気沸騰だそうです。車内の広さは特筆すべきもので、後部座席は、あこがれのCXプレステージを彷彿とさせます。
 中身はフォルクスワーゲンそのものですから、スムーズそのもののセミオートマDSGは、強力なディーゼルターボのパワーを切れ目無く、ダイレクトに伝え、乗り心地も完璧! 最新の至れり尽くせりの快適装備の数々、もうこれ以上なにを求めるの?という心境でコーナーを駆け抜けていきました。その上リーズナブルプライスですから、シトロエンにこだわりがなければ、絶対選んでたと思います。

やはりはずせないのは、愛するシトロエン。

ピカソ1.6Lディーゼルターボ EGS
121015_15.jpg

 次期愛車の最有力候補として興味津々でした。セミオートマEGSのパドルは他社がダイレクトなレバー式であるのに対してシトロエンはスイッチ式、指で操作する小さなスティック状の変速機をみて、シトロエンだなーとほっとするものがありました。軽いエンジンの鼻先で車体に似合わないコーナリングに十分以上なパワー、驚きの低燃費。いやー、やっぱりよかった、これだなやっぱし。

 シトロエン ジャンピー ディーゼルターボ マニュアルミッション
R0017374.jpg
かなり大きな車体にも関わらず、ストレス無い加速、後部座席が最後尾まで下げられた車内は大型犬が寝そべられそうなリビングみたいにセッティングされておりました。沢山の家族と荷物にペットを満載できて愛情あふれるいいシトロエンですが、これも低速からモリモリと力を発揮して疲れないエンジンは着いてからもお父さんは元気一杯、家族サービスできそうです。

 別次元のエリーゼは別として、正直もうガソリン車は今後買う気にはなれないなと思いました。オーナーから聞いた燃費を聞いて、リッター7.0前後をウロウロしながらハイオク価格にびくびくする自分がバカらしくなるような数値でしたもん、、、

 皆様ありがとうございました。次回も楽しみにしてます。

そんな最高に楽しく色々吸収できた今回のミーティングでしたが、行きの高速で突然、STOP サイン 点灯! 左のドットマトリクスはクーラントレベルを表示!リザーバータンクをみるとつい先日補給したばかりのにゲッソリ減っています。 最近サーモスタット交換になったのでそのあたりのガスケッットから漏れてないか見ても、同様に前回交換済みのdegassing tank周りも全く痕跡なし。結局、リザーバタンクの裏側でした。R0017398.jpg


 ということで、クーラント途中2回継ぎ足しながらの今回の楽しいツーリングでした。

2012年9月16日 フレンチフレンチ

SDIM2431.jpg


本日は、お昼から尼崎フレンチフレンチに行ってきました。
Xmは5台と結構集まってました。初めてお会いした95年式ブレークにお乗りの方には、オイルについていろいろ教えてもらえました。価格の安いシェブロンとモチュール、いろいろあるけど、実際の経験談は大変参考になりました。炎天下の下、お互い飽きることもなくゆうじんさんも一緒になって、話に夢中になってました。
 中でも注目を集めたのはシトロネラさんのこのID!初お披露目です
SDIM2430.jpg

とにかく、気品溢れる美しさを放っておりました。
SDIM2428.jpg

後ろから間近にお尻を見ていると、ドライバーの一挙一動の度に、ハッキリとしかしゆったりとお尻がバレリーナのようにフワーリ、、フワッ、、グイィィィと絶えず上下してます。やはり、シトロエンの中にあってもさらに夢の乗り物という雰囲気ですね。
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。