スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内気外気切り替えフラップ故障再発

2013年12月
 エアコンの内気・外気切り替えボタンを押したところジーというギアの廻る音がしません。内気循環にしたはずなのに外の排ガスの臭いが入ってきます。
 また、こわれたか、、、。前回設置したサーボモーターは壊れたと思って取り外したままの温度調整フラップ用のヤツを流用しただけだったので、再び中のモーターが潰れたんでしょう。取り外して通電すると軸は何食わぬ顔でグリグリ廻りますが、もう騙されません。マブチモーターに入れ替えてグイーン!と元気な作動音に変わったところで、取り付けました。

 この部品については個人的に紆余屈折ありまして、最初はオートエアコンの信号を受けてフフラップを動かすためのサーボモーターというボックスの中のギアが一時的に外れて固まってしまうために故障を起こす、だからボックスを空けて組み直して戻してやると何事もなかったようにまた作動すると思っていたのですが、結局中のBuhler製モーターの不具合が原因だろうと現在は思ってます。このモーターとそっくり入れ替えられる互換性をこちらで確認できた品番は、マブチ製FC-280SA-17182A です。大坂日本橋のデジットで150円ぐらいで売ってます。サイトでネット通販もしております。ワームギア付DCモーターと補足してもらえればより確かと思います。

 ついでに、キャビンフィルターを交換。
R0018517.jpg

 台所のレンジフード用フィルタで通常より厚め5mmサイズのものを使いました。厚めのほうが、折れ返りにくいけど厚すぎるとフラップの回転に干渉してしまいます。
R0018529.jpg

 Xmにある、3つのエアコンコントロール用フラップの内、吹き出し口切り替えフラップについては、グローブボックスを外さなくても、左側のライトをマイナスドライバーでコジって外すとリンケージの動きが見えるので、怪しいと思ったときは簡単に作働を点検できます。R0018522.jpg
スポンサーサイト

後部座席用送風チャンネル

2013年10月

 Xmは、後部座席用にもエアコンベントが装備されてますが、フロントドアの中を通過させてBピラーからでるようになっています。ところが、ドアのこの部分とBピラーが接続する部分で漏れてしまうという問題が僕のXmにはあります。R0018394.jpg
一応Bピラー側にのみ柔らかいゴム状のフードが付いてますが完全ではなく、冷房の季節だと運転中に腰回りに冷気が流れてきてあまり気持ちいいものではないので戸当たり用のテープをドア側にも当ててシーリングを強めてましたが、少し厚みがありすぎてドアの開閉で外れやすくなってました。R0018393.jpg
同じホームセンターの戸当たりクッションコーナーで探してきたこの製品に替えてみました。こちらの方がいい感じです。R0018379.jpg

エアコン外気導入口フィルター変更

エアコンキャビン用フィルタ採用に伴い、外気口のフィルターを変えました。

編み目30というもっとも細かい網戸を当てて周りをワイヤでギューと縛りました。
これで、もう永久に交換不要です。

R0018151.jpg

キャビンフィルターにアクセスするよりも、ボンネットとフロントウィンドウの間の細長いパネルをいちいちはずすのはめんどいですから、、、、

エアコンキャビンフィルター

最近、エアコンばかりいじっております。
外気導入口にはフィルターを当ててますが、何度かサーボモーターを取り替えるときに、ブロアファン周りにかなりの室内からと思われる埃が入り込んでいるということに気がつきました。これがエバポレーターに運ばれて目詰まりを起こしていくんだろうなと思うと、今更遅いかもしれませんが、対策したくなりました。

 元々Xmには、室内用エアコンフィルターはありませんが、ちょうど良さそうな場所があるので設置してみました。

 用意したのは、2種類の厚みのすきま風防止用テープ。手元にあったプラスチック製買い物籠から切り取ったネット、そしてレンジフード用のフィルターです。隙用てープは劣化しにくい硬いタイプの方がよいです。
R0018126.jpg

 まずおあつらえ向きに段差があるのでそのすぐ上に薄めのテープをネットと同じ高さに切ったものをぐるりと貼り付けます。
R0018110.jpg

 そこへ、2つに分けたネットを狭い窓から入れ込み先ほどのテープで囲んだ空間にはめ込みます。テープは滑り止めとなって固定してくれます。
 
 さらにその上に厚めのテープの方をぐるりと貼り付けて上からネットを固定します。
R0018128.jpg

 最後はその上にフィルターを置いて完成です。わずかな隙間にカードを使って差し込むとよりよいでしょう。
R001813.jpg
 直上の内外気切り替え用フラップが回転するときはスレスレのクリアランスを保っております。厚めのスポンジとかは無理なようです。

 これで何も問題ないか気をつけてみていきます。

 試運転に出かけると、近くのセブンスターさんでSM/DSが展示されてました。以前はジープとか他車種と併売してましたが、シトロエン専門となったようで、シトロエンへの力の入れようがずいぶん変わってきているのが感じられます。DS好調みたいで、神戸でもよく見かけます。

 街行く通行人の注目を浴びているようです。
SDIM3028.jpg

 今でも、ぶっ飛んでいるデザイン。さすがです。

後日談;最初に使ったレンジフード用のフィルターは薄くて軽すぎたのか、縁とかが捲れあがったりと問題があったので、若干だけ厚めの色々な家電の空気吸い込み口に使われるフィルターに差し替えてみました。ブロアファンが止まった直後に一瞬空気が逆流して捲れたりしたのかもしれません。

エアコンdirection flap解決本当の原因?

2013年4月 19万4200km

しつこく続くエアコンねたです。
やっぱり翌日には動かなくなった吹き出し口切り替えフラップ。
結局、原因はサーボモーターの中のモーター本体でした---と思います。
今まで、取り外して通電テストしたらちゃんと動くというパターンが多かったのですが、ついにウンともスンとも言わなくなるという所を現行犯逮捕しました。

それで、以前に日本橋電気街で購入していたスパイラルギア付きのモーターに入れ替えて、車に装着したら、復活しました。
R0018091-1.jpg

取り外したBuhler製?のモーター。中にはダストが結構ありました。これが、中でショートを起こしてモーターが回らなくなるんだそうです。取り外してまた戻したらまた動くようになったというような不思議な現象は、このダストによる不安定な状態がもたらしていたのでしょうか。
R0018095-1.jpg
 direction flap用の配線の電圧を調べると、静止時の0.3mvのレベルに対して、、動作時はは1-6Vレベルの電圧が表示されます。

数十円のモーターですが、このままちゃんと働いてくれるのなら、サーボモーターの新品をシトロエンから取り寄せるよりずっと安価に済みそうです。100_4934.jpg

モーターを買ったお店です。
http://digit.kyohritsu.com/
130502-14210.jpg
日本橋メインストリートより少し谷町筋側に入ったところです。1年ぶり近くだったのか、場所がうろ覚えで少しまごつきましたが。
マブチ製です。
130502-141500.jpg
お店に入って1番左奥にあります。
次がいつになるのかわかりませんか、4個追加購入しておきました。

プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。