スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クーラントリザーバータンク交換

2012年10月15日 18万9500KM

 ルパルナスのミーティングからクーラント継ぎ足しながら帰ってきた翌日、早速タンク交換しました。
先のdegassing tankの漏れを見て、何れ必要だろうと取り寄せていたリザーバータンクをいざ装着しようとすると、ホースの連結部が1本多い事に気づきました。
R0017404.jpg

元々のタンクは上の細いのと下の太いのと2本なのですが、新品タンクには上に同じ細いのがもう1本突き出てます。たぶん、プジョーとの共用部品になってるためと解釈して、ホームセンターの家庭用品コーナーから適当なプラグを買ってきてバンドで固定しました。
 外したタンクをいくら見ても漏れ箇所が分からず、しっかり拭いてよーくよーく見ると、細ーいクラックが見つかりました。空っぽなのにじんわりとクーラント液がしみ出してきます。
R0017427.jpg
スポンサーサイト

ラジエター交換

2010年10月15日 156000km
R0014618.jpg

ラジエターが到着したので、交換してもらいました。その日のうちに帰ってくる予定がLHMタンクからのチューブがハイポンプに接続する部分で劣化していたようで、交換時にクラックが見つかったので対策してもらう手間が入って、2日間のお泊まりとなって帰ってきました。トンネル走行中にストップなんてことになる前に見つかってラッキーでした。
R0014633.jpg

 あ~、やっぱりシトロエンはイイナ~と早速外回りで高速を走ってきました。渋滞とか高速○30~○40で走ると、いつもは90℃ぐらいに上がっていたのが、今日はぴったり80度です。 これが、ほんらいの性能だったのか・・・・目に見えないうちに劣化して行ってるんですね。

 燃料フィルターは、フィルター前後のホースもそろそろやばいので交換時にぽっきり折れた場合に備えて、できれば新品を用意した上でやりたいということなので、前後のホースとクリップをLHMホースと一緒に注文しました。届いてからやっと交換です。

 それとエンジンルーム側の燃料ホースはスペインの部品商に聞いたら、ヨーロッパではももう手に入らないといわれてしまいました。10年で供給終了なんて、いくら何でも早すぎないですかね? 工場長さんによると、後期型でもこの部分で燃料漏れを起こすのを2台ほどみたことがあるそうで、そろそろ変えておいた方がよいかもとのことなのですが・・・・
 ホースを作ってくれるところをご存じの方、おられたら教えていただけるとありがたいです。

クーラント漏れ

2010年10月3日 156000km
ラジエーターのアッパーホースにつながるプラスチック部分からクーラントが漏れ始めました。
とりあえず、風呂場に使うシール材が150度まで耐えられると書いてあったので、これを塗りたくっておきました。
 直ちにラジエーター発注です。 早く来いよ~
R0014577.jpgR0014607.jpg
プロフィール

Mako

Author:Mako
2007年に東京ルパルナスで、実車も見ずに電話一本で購入した7年落ち8万5千kmのシトロエンXmマニュアルミッション !
 その後の顛末は?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
LINK
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。